【限定品】純米一度火入れ原酒 まんさくの花 巡米 雄町70 1800ml

【限定品】純米一度火入れ原酒 まんさくの花 巡米 雄町70 1800ml

販売価格: 2,970 円(税込)
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。
  1. ・12時までのご注文で翌営業日に発送いたします。
  2. ・1ヶ所配送につき11,000円(税込)以上のご注文で送料無料

超人気米「雄町」で醸した純米酒

雄町は山田錦を含む多くの酒米のルーツ。酒米の始祖であり、背丈や粒重が大きく繊細さと力強さを兼ね備えた魅力的な酒米です。「雄町」で醸したお酒は、米の特質を反映した特有のふっくらとした旨酒に仕上がることから、「オマチスト」と呼ばれる熱狂的なファンが急増中です。



≪重要なお知らせ≫

瓶の供給量不足により、2023年7月発売分につきましては、1800mlのみ茶瓶での発売とさせていただきます。


巡米シリーズ発売時期について

(1月頃)秋田酒こまち70/(3月頃)亀の尾70/(4月頃)星あかり/(5月頃)山田錦70/(6月頃)山田穂70/(7月頃)雄町70/(8月頃)朝日70/(9月頃)美郷錦70/(10月頃)秋の精70/(11月頃)愛山70/(12月頃)百田70

雄町70イメージ

まんさくの花「巡米シリーズ」について

酒米の違いを愉しむ、特別な純米酒飲み比べシリーズです。


酒米は時代の流れに合わせて毎年新しい品種が誕生しています。
中には生産コストの問題や流行の波にのまれて姿を消しつつある酒米も、、、。
当社ではひとつひとつの酒米の可能性を信じ、酒米の個性を活かしたお酒造りを模索してきました。


その中で生まれたのが、「巡米シリーズ」です。
日本酒はお米を削り雑味を取り除くことで綺麗な酒質のお酒が出来上がりますが、あえて低精米(70%)にすることでお米の味わいや特徴を最大限に引き出そうと考えました。低精米でも純米吟醸に勝るとも劣らない味わいを引き出せるのは、これまで多種多様なお酒造りに挑戦してきた当社蔵人の技術と経験の蓄積があるからこそ成せる技です。


希少米や秋田県固有の酒米など、厳選された全11種類を月替わりで販売しています(2月を除く)。
毎月変わる味を愉しむも良し、開栓を我慢して数か月分飲み比べてみるのもまた一興。
   

皆様もぜひ一度、酒米の沼にハマってみませんか?

巡米シリーズイメージ

おすすめの飲み方

ロック
氷を浮かべて

10℃~15℃
常温
20℃前後

40℃~50℃



商品情報

【発売時期】 7月頃~
【原料米】 岡山県産雄町
【原材料】 米(国産)、米麹(国産米)
【精米歩合】 70%
【アルコール分】 16.2%
【日本酒度】 +1.0
【酸度】 1.5
【アミノ酸度】 0.8
【使用酵母】 秋田酵母No.12
【保存方法】 日光を避け、涼しい場所で保管してください。
【商品について】 程良い甘味があり、味の奥には辛味や旨味が感じられます。程よい吟醸香と透き通るような美しい酸味がバランス良く主張し、お米の味を愉しめます。喉を通った後の余韻が絶妙で、もう一杯飲みたいと感じられるお酒です。



味わい

雄町70味わいチャート
酒米歴史イメージ

🄫日の丸醸造株式会社